女子会の強い味方!居酒屋選びのポイントとは

女子だって楽しみたい

昨今、女性の社会進出を促す世論が強まっています。
人口減少に伴う働き手の減少に歯止めがかからないため、
女性が気持ちよく働ける社会を目指すことが、今の日本における課題の1つです。
社会に進出するということは、それだけ金を使う機会が増えるということを意味します。
その例として考えられるのが、飲食に関する支出です。
1人暮らしだと、毎日夕飯を手作りするのが面倒になりますよね。
仕事や人間関係で疲れたとき、帰りにどこかでご飯を食べて帰る。
最近では、そんな女性も珍しくありません。
女性の外食率が増えたことに目を付けたのが、居酒屋業界です。
料理と一緒に美味しいお酒も飲める。
居酒屋の長所は、働く女性の欲求を見事に満たしていたのです。
女性が居酒屋を利用し始めると、そこで女性会なるものが開催されます。
団体客は居酒屋にとって嬉しいお客です。
今まで居酒屋に来ることの少なかった女性を取り込むことが出来れば、利益は大きく上昇します。
このような流れを受けて、最近の居酒屋は
女子会でも安心して使えるような工夫が施されているお店が多くなっています。

 
しかし、お店が増えるほど店舗ごとの質に格差が生じるのは当然です。
また、お酒や脂っこい料理の多い居酒屋の通い続けていると、
太ってしまわないか心配という人もいるでしょう。
美味しくて楽しい女子会を開きたいし、太りたくもない。
そんな皆さんのために、
今回は女子会の会場となる居酒屋を選ぶ際のポイントと、
脂肪をつけずに済む居酒屋のメニューをご紹介します。

賢くお店を選ぶ

いくら料理が美味しくても、遠くてアクセスが不便なお店には行きにくいですよね。
女子会をするときにまず重視すべきことは、駅やバス停が近いことです。
当然お酒も飲むことでしょうから、車でしか行けないお店はNGになります。
女子会の特徴として、おお子さん連れの方も参加する可能性も考慮しましょう。
駅から徒歩20分以上かかると、子供の足やハイヒールで歩くのは厳しくなります。
参加する方がどこから来るのかをきちんと把握したうえで、居酒屋を選ぶ区域を決定しましょう。
探すべきエリアが決まったら、次に優先されるのはお料理です。
 

 

もし自分が幹事になったとしたら、出席者にどんな料理を食べたいのかリクエストを取ることを忘れないでください。
特にリクエストが無いようであれば、いくつかの候補を絞って再度相談しましょう。
候補を選ぶポイントはお店の売りであるお料理とお酒です。
最近では、中華料理やフランス料理を提供する居酒屋もあるので、候補のうちに加えてみると良いでしょう。
大体イメージが掴めたら、次はウェブページを利用しましょう。
コースメニューの料金やお店の外観を知るうえで、ウェブページはとても役に立ちます。
ただし、外観と料理やお酒の味は、必ずしも比例するとは限りません。
口コミや評判をしっかりチェックして、値段と外観だけに騙されないようにしましょう。
ウェブページを設置している居酒屋では、割引になるクーポンの手続きも可能なお店があります。
値段は出来るだけ抑えたいところですし、ぜひとも利用しましょう。